結婚式はどんなタイプのものがある?

結婚式の種類について

今の団塊の世代では、神社での挙式が多く、チャペル挙式は珍しいものだったといいます。
しかし、今は多様な結婚式となっています。
神社に加えて、ホテル、レストラン、邸宅、ガーデンなど、数多くの式場があり、さらに海外挙式もあります。
もちろん、結婚式にかける費用によって、選択できる結婚式は変わってきます。
例えば、神社であれば、他の式場に比べて費用を抑えることが出来ることが多いのです。それは式自体の費用が「心付け」とされている神社が多いからです。つまり、「支払いはお2人が思う額で結構です」ということなのです。
また、ホテルであれば、式のプランが大体いくつか用意されており、そのプランに自分たちがしたいものを追加したり、いらない内容を削除したり出来ることが多く、打ち合わせがさほど多くない傾向にあります。

どんな結婚式をイメージしてますか?

結婚式と言えば、多くの人に参列してもらって…なんていうイメージが多いと思います。
しかし、今は種類と同じで、いろんな式があります。

海外で2人で、なんてこともよくあります。身内や友人を招かず、自分たちで新婚旅行も兼ねて行うパターンが多いです。
費用的にもさほどかからないし、誰を招待するか?など考えなくていい、という利点もあります。

また、身内だけのアットホームな式にして、友人とは二次会や結婚パーティーで済ます、ということも増えました。
会費制であることも多く、参列者には気兼ねなく参加してもらいやすく、余興などたくさんしやすいという利点があります。

そして、身内・友人に参列してもらうパターンです。
これはお互いの人数調整が一番難しいところではありますが、式とは別にパーティーを開いたりしなくてもいいから、という利点があります。