国内挙式のメリットとデメリット

大勢のゲストにお祝いしてもらえる

結婚式を挙げるなら、今までお世話になったたくさんの人に囲まれて過ごしたいですし、幸せな2人の様子を見届てほしいですよね。国内挙式であれば、海外挙式に比べて移動が楽なので、家族や親族だけでなく、職場の上司や友人など、大勢の人を招待することができます。参列者に高齢者が多い場合も、なるべく体の負担にならないよう配慮して、海外よりも国内で式を挙げた方が喜ばれるでしょう。
また、海外挙式にすると、親族などの少人数しか招待できないため、呼べなかった人からは事前にご祝儀やお祝いを頂くことになり、後日改めてお返ししなければならなくなります。しかし、国内挙式であれば、式当日に、ご祝儀をもらったお返しに引き出物をお渡しできるので、二度手間にならずに済むというメリットがあります。お返しを渡すのが遅れたり、忘れてしまった!というな非礼も防ぐことができますよ。

ゲストを決めるのが一苦労

海外挙式に比べて、ゲストの人数が多いため、誰を呼ぶか呼ばないかで頭を悩ませるケースが多いようです。親族中心に招待すれば厳かな雰囲気になりますし、友人中心にすると明るく盛り上がる結婚式になります。まずは、どういった雰囲気にしたいかということから決めなければなりません。また、ゲストの全員に満足してもらおうとすると、どんな料理がよいか?誰と誰を同じテーブルにすると会話が弾むだろうか?どんな演出を取り入れると喜んでもらえるか?など、考えなければならないことがありすぎて、挙式の前に気疲れしてしまうことも。
しかし、2人で時間をかけて相談し合った分、2人のこだわりがいっぱい詰まった、納得のいく結婚式になります。お互いに相談しあって決めた時間は、後に振り返った時に幸せな思い出となり、2人の絆をさらに強めることでしょう。